iDeCo(いでこ)って…?

 

疑問

 

こんばんは。

前回、年末調整や確定申告、節税について触れました。

節税の話をすると、結構な割合で「iDeCoってどーなの?」と聞かれます。

今回はiDeCoについて、軽く触れてみようと思います。

 

①単刀直入に、得できますか?

 

yes or no

 

A:節税的な視点で言うと、出来る人が多いと思います。

はっきり白黒つけろ!とお叱りを受けそうですが、他の控除等で上限まで節税している方等々、状況次第では例外もあるので、このような書き方となります。

そして、嬉しいのが掛け金がそのまま所得から控除される点です!

例:2万円/月×12ヶ月=24万円 を1年間で支払った場合…

支払った年の所得から24万円が控除されます。

つまり、ザックリ24万円×所得税率分の金額の還付が見込めるのです!

生命保険料控除は年間で保険料を何円払っても、最大12万円の所得控除と考えると節税効果は期待できそうです。

 

②誰でも始められるのですか?

 

誰も

 

A:誰でも…ではありませんが、比較的門戸は広い方かなと思います。

国民年金保険料を払っている必要があります。→節税面が注目されがちですが、あくまでも年金ですので当たり前ですよね。

②そして、年齢制限(20歳以上60歳未満)があります。→そうですよね、年金ですからね。

日本国内に住んでいる方のみ対象となります。→えっ、開始後に海外転勤になったらどうするの!?

iDeCoを始めた後に居住地が日本から海外に変わる場合、解約ではなく運用指図者となります。

運用指図者になると、掛け金の拠出はせずに運用方法の変更で資金をコントロールします

また、居住地が日本に戻った場合は掛け金の拠出を再開できます。

 

③どうすれば始められますか?

 

PC 資料請求

 

A:まずは、金融機関のホームページから資料請求してみましょう!

…と言っても、iDeCoを取り扱っている金融機関は山程あります。

iDeCo公式サイトから検索してみると良いかもしれません。

しかし、取り扱い機関が多すぎても逆に選べないものですよね…ここで足踏みしていては時間ばかり浪費してしまいます。

何を重要視するかを先に決めてしまいましょう。

①手数料

②充実したサポート

③取り扱い商品

④利便性

この4つが軸になるかなと思います。どれにしていいかわからない!という方は④の利便性(≒既に他の取引があり、心理的ハードルの低い金融機関)で選ぶと良いかもしれません。

iDeCoナビが偶然ですが、①~③に沿って検索できる仕様です。)

私もお金にウルサイ性分ですが、色々見た結果極端にどの金融機関が得、という結論を出せませんでした

 

④始めるにあたり、注意点やデメリットは?

 

メリデメ

 

A:勿論あります。世の中メリットしかない話なんてないと思いましょう。

①積み立てたお金は途中で引き出せません。→急な入用等でアテに出来ません。他に機動性の高い貯蓄を作っておきましょう。

②手数料がかかります。→加入時の初期費用と、運営中常にかかる手数料の両方があります手数料0円!と謳っていても、幾つかある手数料のどれかが0円で他はかかりますよ―というパターンが殆どです。

③将来の受け取り金額が払った金額より減る場合があります。→元本変動型商品で運用した場合は、そのリスクも背負います。また、元本確保型商品でも中途解約で元本割れする商品を選び、元本割れ期間に運用商品を変えた場合も同様です。

④運用商品や掛け金の変更は年に一度しか出来ません。→機動性が低いので、経済の変動があっでも耐えられる金額で行いましょう。ご利用は計画的に!

 

※金融で営業をされている方々へ

 

商談

 

自分自身ではiDeCoを取り扱えないのに、取り扱い商品の話をしていると比較対象としてiDeCoの話題に―そんなことありませんか?

ありますよね…私も結構ありました。

そんな時、「よくわからないですが、ウチの商品の方が〇〇さんにとってイイですよ!」で押し切れるほど甘くないですよね…💦

逆に、取り扱い商品でなくとも周辺知識についてサラサラ~と説明できたら株爆上げですよね!?

そんな事態に備えて最低限勉強しておきたい方にオススメの本が「図解ポケット はじめてのiDeCo」です。

触書通り30分もあれば読めますし、小さいので持ち歩きやすいです。

お客様からすれば、取り扱い商品の説明は出来て当然です。プラスαの価値はこういう形でも身に着けられますよ。

※他商品の誹謗中傷安易な比較法律違反に繋がる場合もあるので、気をつけましょう!

 

検討するなら今年です!?

 

備えあれば憂いなし

 

以上、とても簡素ですがiDeCoについて軽く言及してみました。

前回も申し上げましたとおり、新型コロナウイルスであまり出歩けない今年こそ!所謂面倒事を片付けるチャンスです。

今年すら検討しきれずに先延ばしにしてしまった場合、次のチャンスはなかなかないかもしれません。

iDeCoを検討する気が0でなければ、まずは資料請求という第一歩を踏み出してみましょう!

 

以上です!

よろしくお願いします!失礼します!

ブログランキング・にほんブログ村へ


コメントを残す