2020年も残すところ約1ヶ月…

 

2020カレンダー

 

こんにちは。

気づけば11月ももうすぐ終わりが見えています。

毎年この時期と言えば…

年末調整💰ですよね!

年末調整について連絡が来て、「嗚呼、今年こそは節税しようと思っていたのに…」と思う方は多いのではないかと思います。

とは言え、提出期限までに新たに保険契約したり学生特例で猶予になっていた年金を納めるのは現実的ではないですよね…

2020年の節税は手遅れなのでしょうか!?

 

年末調整に間に合わなくても確定申告がある!

 

確定申告

 

確定申告は2021年にならないと出来ないので、年末調整に間に合わなくても何かしら節税してみたい方は確定申告を目指しましょう!

例年ですと確定申告は2月15日~3月15日ですが、2020年は新型コロナウイルスの影響で期間が少し延びていました。

締切間際に出すよりも、早めに出した方が決着つくのも早かったように記憶しております

初日提出を目指して早めに動きましょう!

 

年末調整と確定申告はどう違う?

 

違い

 

簡単に言いますと…「年末調整で申告出来る内容は確定申告でも申告できるが、逆は必ずしもそうではない」という感じです。

例えば、医療費控除は年末調整では申告できず、確定申告が必要です。

しかし、生命保険料控除は年末調整に間に合わなくても確定申告で申告が可能です。

給与所得者にとって、確定申告はあまり馴染みがないかもしれませんが、年末調整の方が手間が少ないだけであって別に確定申告をしてはいけないわけではないのです。

ただし、白色申告(給与所得者は他の所得がなければこちらです)は青色申告に比べて節税効果が小さく、年末調整よりも書類作成の難易度が上がるので、年末調整で間に合うのであれば無理して確定申告まで待つのはあまり意味がないと思います。

 

確定申告するにはどうすればいいの?

 

税務署に行く人

 

国税庁のホームページ(←令和元年版ですがご参考までに)に、必要な書類が載っており、必要書類を作成できます。

また、最近はスマートフォンとマイナンバーカードを持っていれば簡単にe-Taxでの申告が可能だそうです。

私が青色申告していた時は、e-Taxは申請等々で手間がかかるので毎年手書きで書類を作っていましたが…便利な時代になったものです。

折角なので使い勝手は確認したいですが、結局は慣れた手書きで作成したいなと思います。

記載漏れも還付の遅れに繋がるので、不慣れな形式に挑戦する場合は例年以上に抜け漏れに気をつけましょう

 

外出しづらい時期だからこそ、お金について考えるチャンス!

 

ステイホーム

 

年末調整が終わって、「来年こそは…」と思っていた方も!

まだ間に合うということがわかりましたね。

そして!

2020年は新型コロナウイルスの影響で思うように外出しづらい1年でした。

そんな時こそ、普段考えたくもない節税についてゆっくり考えるチャンスです!

来年、コロナ禍が終わったら2020年の分も外で遊びたいですよね?

そうなると、もう税金についてなんて考えている暇はないですよね?

残る1ヶ月が勝負ということがわかりましたね?

今年出来なかったら、もうこんなチャンスはありません…というよりあって欲しくもないですよね?

さあ、やってしまいましょう!来年以降、思う存分アフターコロナを楽しむためにも!

 

以上です!

よろしくお願いします!失礼します!

ブログランキング・にほんブログ村へ


コメントを残す