最近雨続きで暴れたりません…10月10日って、晴れる確率が高いから1964年東京オリンピックの開会の日=体育の日(今後はスポーツの日)になったのでは!?
さて、そんな中でも家で筋トレしながら読書を忘れないのがアスニート。
健康に関する本を読了したので、久々に貯筋(でもない?)分野の記事を投稿しようと思います。
Yes,晴耕雨読

今回は、読むダイエットです

晴耕雨読

そう、読むエット
最近はインターネットやテレビ番組等で、簡単にまとめられた状態でドンドン発信されるので、聞いてもないのに情報が得られるくらいです。
そんな本なんて読むまでもなくないですか?という声が聞こえてきそうです。

だが!しかし!BUT!

少し前に他人に減量指導をする機会がありまして。
その時に、「果たして、自分が今持っている知識は人を巻き込めるほど正しいのか!?」と考えました。
自分で実践するだけなら、間違った知識でも自分が困るだけですが、人を巻き込むとなると…身体の話なので最悪の場合、死んでしまう恐れもあります。
というわけで。
気になったらまずは本の一冊でも読んでみよう!ということになったのです。

今後も自分が読んで、これは是非オススメしたい!という本は紹介しようと思うので、いいとこ取りしてみてください。
そして、もし気になったら全編読んでみてください!

今回読んだ本

「食べる量が少ないのに太るのはなぜか」(香川靖雄さん 著)
です!

人生で一度は思ったことあるよね!?シリーズ!!!!!!

「この人、見た目の割に食細くない?」

「この人、こんなに食べててよく太らないな…」

ありますよね。
昔から気になっていたのですが、ヒントを教えてくれそうな本に出会えたので読んでみました。

実践できそうなポイント集

成功

成功により近い、しかもそんなに難しくないことを厳選してみたので是非いいとこ取りしてみてください!
コレがホントのセイコウ雨読!?

①朝ごはんを食べる

いきなりこんなに簡単で「バカにしているのか!?」と怒られそうですが…

朝食を食べない人は、カロリー摂取が少ないのに、朝食を食べている人の5倍も太っている

食べる量が少ないのに太るのはなぜか」17ページより引用

なお、朝食で発する熱量は夜食の4倍(つまり、蓄えられづらい!)でしたり。
朝食を食べないと、脳のエネルギーが不足して頭が回らなくなったり
超ショックなことだらけなので、食べましょう、朝ごはん。

②日常生活の身体活動も運動!

食べたい運動したくない、でも痩せたい
多くの人々の永遠の願望ですが、食べたいは上記「朝ごはんを食べる」で解決しましたね!?
せっかくなので、運動したくないも解決しましょう!

人間の1日のエネルギー消費量のうち、最も多いのが基礎代謝で、その次に多いのが「非運動性身体活動」であることがわかったのです。

食べる量が少ないのに太るのはなぜか」97,98ページより引用

ヒウンドウセイシンタイカツドウ…なんとも小難しそうな響きですね。
安心してください。
平たく言うと…日常生活で発生する活動のことです。家事ですとか、通勤電車で座らず立つですとか。
これは、考え方切り替えるといいですよ!
×…掃除面倒くさい、やりたくない。
○…部屋もきれいになって、活動量増えて私もきれいになって!掃除最高!
×…電車座れなかった、最悪!
○…毎日1時間、1年続けば5kg分のカロリー消費、席も譲れる!立つしかない!
こんな感じでやってみてはいかがでしょう!?

③食べる順番を変える「だけ」

いつの時代も、流行るのは「〇〇だけ!ダイエット」ですよね。
どこかの誰かが言ってました。
〇〇だけって考え方がデブ
私はぐうの音も出ませんでした…が、科学的根拠に基づいた「〇〇だけ」を一つ紹介してみようと思います。

サラダなどの野菜から食べると、血糖値の上昇がゆるやかで、インスリンもゆっくり分泌されます。それは実験によっても明らかです。

食べる量が少ないのに太るのはなぜか」136ページより引用

はい、野菜から食べる「だけ」!
インスリン云々と言われると一気に難しい気がしてきます。が。
簡単に言いますと、満腹感を感じやすくなりますよ~と言うことです。
これも今からできそうですね。今日から野菜から食べヤサイ!🍅

何事にも理由はある

スパイダーマン

いかがでしょうか。
一時間もかからず読了できるボリュームで、私は「なぜか」が少し解決されたと感じました。
ここでは一部しかご紹介できませんでしたが、もっと知りたい!と思ったら是非全部読んでみてくださいね。
一時間読書して、学んだことをその後の人生に活かす方が、一時間の手間を惜しんで一生効率の悪いやり方で生きるより得じゃないですか?

以上です!
よろしくお願いします!失礼します!

ブログランキング・にほんブログ村へ

コメントを残す